人生の夏休み

「人生の夏休み」


f:id:fmwithwith:20161217010832j:plain


大学生活は人生における夏休みだ。


だから今のうちに、心置きなく遊んどけよ。


大学一年生の頃、既に就職した従兄弟に言われました。


時に授業は呼吸をするかのようにいとも簡単に切れてしまう。

オールはお手のもの、翌日授業は例によって自主休講。

長い長い夏休みと春休み、旅行し放題。


担任もいない、上司もいない、大学生活は人生の中で一番フリーダムなサマーバケーション。なるほど確かに間違ってない。

 さあそんな約4年間の夏休みを、どう自由に過ごそうかということです。


長くて短い

無制限に見えて気づけば終わりかけている

時に自由すぎて持て余してしまう

人生のなつやすみ


私は、あと一週間でモブともお別れし就活まっしぐらのいわゆる「青春が終わる」頃にさしかかっています。


ここ一年間、特に近頃は引退企画の準備に追われ、のんびりサマーバケーションを過ごしたとは言えない期間でした。

引退企画なんかうまくいかないことだらけなのでまさに極寒の冬。


だけどこの道を選んで良かったなと思っています。


大学生活の途中までは割とだらだら過ごし、何かに一生懸命にもならず、何となく過ごしていました。

だけど私も熱くなってる仲間をみて、焦って、憧れて、変わりたくてだらだらバケーションから抜け出してみました。


そしたらちゃんと「大学生活で頑張った事」が言えるくらいにはなっていました。


あのまま何となく過ごしていたら、自分は大学生活何をしていたんだろう、私って「何者」なんだろう、と分からないままだったかもしれません。


ーーー「大学生というのはあまり停車駅のない長距離列車にのっているようなものである。時間はさらさらと脇を流れていってしまう。」


f:id:fmwithwith:20161217010809j:plain


前に読んだ小説にこんなことが書いてありました。


モブにはたくさんのチャンスが転がっていますよ?



さあ 短くて長い、最高に自由な夏休みをどう過ごしましょう。


記:夏が恋しいさん